71年前の7月14.15日、北海道で空襲があったのをご存知ですか? あの子たちがいた7月~1945年北海道で空襲~朗読会

知っていますか?敗戦の一か月前の7月14.15日に北海道で空襲があったのを。寒い夏でした。子どもたちはいつもと同じ朝を迎えるはずでした…

あの子たちがいた7月~1945年北海道で空襲~朗読会

7月9日 (土)14:00~16:00  7月10日(日)14:00~16:00       奥井 理 ギャラリー                                  朗読      朗読グル-プ「ミモザの会」 / 森の声・簪組/ほか            演奏      更科 理恵(ハ-プ・ピアノ)  工藤ひろ子(オカリナ)          講演      菊地 慶一(9日のみ)                     プログラム

9日(土)  14:00~16:00      10日(日)  14:00~16:00   朗読『いのちのものがたり』(冒頭詩)       朗読『いのちのものがたり』(冒頭詩)                 宮野入恵美子                  宮野入恵美子

『ぼうだらを持った少年』            『イタンキ浜で』                    水谷恵美子                   森田 真弓             『先生にあいたい』               『十本の松葉づえ』                    工藤ひろ子                   田中 瑞枝               『長い長い橋』                 『ズリ山から見えた海』                    山内 紀子                   西村 訓子                 あの頃の歌♪    更科 理恵ほか       奥井 理さんの詩から                                          工藤ひろ子              北海道空襲の話                 宮沢賢治『銀河鉄道の夜』                      菊地 慶一                 朗読グル-プ「ミモザの会」

入場料当日 各1000円(2日間の場合1500円) ※小中学生・70以上・障害のある方と介護者無料                                       予約・お問い合わせ OKUI MIGAKUギャラリーギャラリ-☎(011)521-3540   ✉toyookui@jcom.home.ne.jp                      s-IMGs-ura

 

第102回OKUI MIGAKU ギャラリーコンサートは阿部礼奈さんのフルートコンサート

次回のOKUI MIGAKU ギャラリーコンサートはスイスで研鑽を積み、活動する阿部礼奈さんが帰國し、演奏を披露してくれます。伴奏はお母さまの阿部佳子さん、フルートの師であり、父親の阿部博光さんも出演されます。親子の共演も楽しみです。                      第102 回OKUI MIGAKU ギャラリーコンサート            阿部礼奈 フルートコンサート ~スイスの風にのってIV ~

出演   阿部礼奈 フルート   阿部博光 フルート 阿部佳子 ピアノ

プログラム                                       ドップラー : 2本のフルートとピアノのためのリゴレット・ファンタジー             矢代秋雄 : 2本のフルートとピアノのためのソナタ                    ドップラー: ハンガリー田園幻想曲                             T.ベーム: グランドポロネーズ ニ長調 op.16      他

入場料 一般2000円 学生500円 中学生以下無料                      予約問い合わせ 011-521-3540 toyookui@jcom.home.ne.j

s-第102回表s-第102回裏

第101回OKUI MIGAKUギャラリーコンサート あたたかく素敵なコンサートでした、

第101回 OKUI MIGAKU ギャラリーコンサート                                       ~朗読と歌、ピアノによる~                                                言葉と音楽                                   出演  作曲・ピアノ 石垣絢子  朗読 崎本実弥  独唱 渡邊智美      ピアノ連弾 南直博 ・ 石井ルカ                       第一部  〜~童話と音楽~〜                                                   別役 実 : なにもないねこ (﨑本・石垣)                                         別役 実 : 淋しいおさかな (﨑本・石垣)                                               第二部  〜~詩と音楽~〜                                                                               竹久 夢二 : 動かぬもの (渡邉・石垣)                                           竹久 夢二 : くれがた (渡邉・石垣)                                               竹久夢二の詩に寄せる33手連弾曲 (南・石井)                                                                                  若き日(初演)                                                                   ・銀の小鳥                                                            ・ゆく水                                                              立原 道造 : 優しき歌 (﨑本・渡邊・石垣)                                                                               

・序の歌                                                               ・ さびしき野辺                                                          ・ 落葉林で                                                                   ・ また昼に                                                           三好 達治 : 涙 (渡邉・石垣)                                                 別役実の童話別役実の童話から始まった「言葉と音楽」、~童話と音楽~童話と言葉から生まれた音楽は言葉の不思議な世界を立ち上がらせていました。~詩と音楽~渡邊さんの美しく優しい歌声は竹下夢二の世界に引き込まれ・・・。曲の合間の阿部博光先生の出演者への巧みなインタビューに会場の雰囲気が和らぎ、石垣さんたちのコンサートへの想いが深く伝わってきました。                                 石垣さん渡邊さんは芸大の同級生。(写真をクリックしてください。全体が出ます)

s-DSC_7045 uvs160609-002 s-DSC_7050          南さんと石井さんの3手連弾曲、 なぜ3手連弾なのかはすぐに理解でき、胸が熱くなりました。石垣さんと3人は札幌で幼い時からのピアノ同門の仲間、南さんは大学院修了後イギリスに留学、帰国後平成20年、脳梗塞に見舞われ、左半身にマヒが残りました。でも大好きなピアノを弾くことを大きな希望として頑張っています。石垣さんが南さんのために作曲。3人の仲良しが作り上げた温かい作品でした。先日ギャラリーに来られた左手のピアニスト舘野泉さんとの出会いがあり、この日は右手のピアニスト南さんとの出会いがあり、3人の友情がありました。不思議な出会いに感動でした。 

s-DSC_7053 s-DSC_7052 第101回ー2 第191回ー4 アンコールは時計台の歌とこの道を5人で演奏。石垣さんはリコーダー。uvs160609-003 s-DSC_7064                      優しく思いやりのある子だった理が一番喜んでいると思った101回目のOKUI MIGAKUギャラリーコンサートでした。           

 

ギャラリーに舘野泉ご夫妻がいらっしゃいました。

5月24日日本シベリウス協会北海道支部主催のシベリウスの食卓~シベリウスの音楽とフィンランドの料理を楽しむ会~が開かれました。元シベリウスアカデミー声楽科講師のマリア・ホロバイネンさんと声楽家駒ヶ嶺ゆかりさんのシベリウス、フィンランドについての対談とシベリウス作品のミニコンサートとフィンランドの家庭料理を楽しむ会でしたが、そこにアンナさんのご主人であるピアニスト舘野泉さんがこられました。そして「素晴らしいギャラリー」と感想をいただきました。舘野さんとお会いできたのも理のおかげですね。

s-DSC_7006 s-舘野夫妻s-DSC_7004s-DSC_7035

 

 

6月のコンサート案内

6月4日 第101回OKUI MIGAKU ギャラリーコンサート                      お知らせをご覧ください。

6月11日 (土)14:30~  ヴォーカルジョイントコンサート                   (声楽ソロとア・カペラクインテットのコンサート)                    出演 ソプラノ:中島美和 ピアノ:中西直子ア・カペラクインテット                                 入場料1500円(1ドリンク付き)

6月15日(水)至福の調和 A Blissful lHarmony コンサート                  ピアノ 有本紀 クリスタルボウル なーや                        入場料 予約4000円 当日4500円 

6月18日【土) 15:00~ オーボエ& ピアノ ミニコンサート                ピアノ 坂本玲子 オーボエ 葛西 梓乃                          入場料 1000円 連絡090-6697-0726

6月19日(日)15:00~ Music Adventure of Free Energy!                 うた はらみづほ ピアノhajime ドラム、パーカッション 木村優斗            入場料 一般予約2000円 当日2500円 学生予約1000円 当日1500円 連絡070-5069-8765

6月22日~27日 旭丘高校美術部校外展 *秋に延期になりました。 

6月25日(土) 18:30~ ッモーツァルトとショパンを讃えて                ピアノ 佐藤勝重 フルート 南加奈子                            入場料 一般 3000円 学生1500円 連絡 0166-48-9454

6月26日(日) 15:00~ 大石学 PIANOSOLO  様々なジャンルのエッセンスを吸収し生み出すそのメロディ・ラインは”理想の旋律”として高く評され、耳の肥えた音楽ファンからも絶大な支持を得ている、大石学 毎年6月に紺のギャラリーで抒情的な心に響くジャズを披露してくれています。                                          入場 料3000円 連絡OKUI MIGAKUギャラリー011-521-3540

 

 

 

 

 

 

 

OKUI MIGAKUギャラリ―コンサート100回記念コンサート-2

5月15日(日)第100回のコンサートが開かれました。毎年春にスタートするギャラリーコンサート、阿部ご夫妻によるチャリティーコンサートがちょうど100回となりました。今年は次女の幸奈さんも演奏してくれました。                

s-DSC_6951 s-DSC_6960 s-DSC_6953 s-DSC_6958OKUI MIGAKU ギャラリーコンサート100回記念コンサート                   100OKUI MIGAKU ギャラリーコンサート                        春への憧れvol.Ⅺ  『Thanks-Danke-ありがとう』                     出演 フルー:ト阿部博光 ピアノ:阿部佳子 ヴァイオリン;阿部幸奈              プログラム                                        フェリックス・メンデルスゾーン:春の歌 op.62-6                        Fl:阿部博光 Pf:阿部佳子                                 リリー・ブーランジェ : 春の朝に                             Fl:阿部博光 Pf:阿部佳子                                 フィリップ・ゴーベール : バラード                             Fl:阿部博光 Pf:阿部佳子                                 ユージン・グーセンス: 4つのスケッチop.5                          Fl:阿部博光   Vn:阿部幸奈 Pf:阿部佳子                          カール・ライネッケ : バラードop.288                           Fl:阿部博光 Pf:阿部佳子                                 シャルル=マリー・ヴィドール : 組曲 op.34                        Fl:阿部博光 Pf:阿部佳子                                 アンコールは3人によるフランツ・ドップラーのアメリカの主題による小二重奏曲 op.37

 なじみのある曲、心にやさしく響く曲の演奏に会場が一つになった感じでした。 ヴァイオリンの幸奈さんはギャラリーコンサートが始まった時は確か小学1年生、こうして美しい音色をここで披露してくれるのが夢のようでした。 理に捧げていただいた24歳で世を去ったブーランジェの「春の朝」は理が遺した「春の風はとても優しくて僕の悩みをすべて吹き消して僕の体を何とも言えないような感じで包み込んでくれる・・・」と始まる春の詩を思い浮かばせてくれました。 アンコールは息の合った3人の美しく力強くかつ軽快な演奏にこれからも頑張ろうと力を得ました。

演奏後はパーティーが、サプライズの14日に演奏してくれたグスティカルテットの演奏から始まりました。自家製ハム、ベーコン、スモークサーモン、手作りケーキ、座忘庵の料理が並びました。

s-DSC_6968 s-DSC_6970 s-DSC_6971

 

OKUI MIGAKUギャラリーコンサート100回記念コンサート-1

5月9日(月)朝日の朝刊道内版にOKUI MIGAKUギャラリーコンサート100回記念コンサートの記事が載りました。 取材していただいた秋野さんは20年前の一周忌にの遺作展を開いたとき、理の詩を紹介しながらの温かい記事を書いてくれた記者です。5月16日にはコンサートの様子を載せていただきました。 

   s-100kai 002のコピー s-100回朝日16.5

第99回 輝け! 未来の音楽家たち                            グスティ グスティカルテット +フルート                           出演                                          ヴァイオリン・ヴィオラ: 小野坂 昂亮 北嶋 ゆり佳 阿部 幸奈                 フルート:金子愛英                                    (5人はも桐朋学園大学で学ぶ2.3年の学生です。) プログラム 

モーツァルト:ディヴェルティネント第3番へ長調KV 138                     モーツァルト :フルート四重奏曲ニ長調  KV 285                      

J.S.バッハ :管弦楽組曲 第2番ロ短調  BWV 1067 から                     ポロネーズとバディネリ                                  クライスラー :弦楽四重奏曲 イ短調

  s-DSC_6919s-DSC_6942 s-DSC_6933s-DSC_6938 s-DSC_6941 

 美しい新緑をバックに若々しく音楽性豊かな美しいハーモニーがギャラリーに響き渡りました。カルテットの皆さんはそれぞれとても個性的なメンバーです。それぞれの個性がうまく響き合っているという感じでした。特にクライスラーの曲は演奏されることがまれということで初めて聞いた方も多かったのですが、素晴らしい演奏でした。80人を超す聴衆で、会場は熱気にあふれていました。これからが楽しみな5人です。いつかまたその成長ぶりをここで披露してほしいものです。

 

                   

第101回OKUI MIGAKU ギャラリーコンサートのお知らせ

第101回OKUI MIGAKU ギャラリーコンサート                                       言葉と音楽 2016年6月4日(土)   14:30開場 15:00開演     2015年12月東京で発足、2016年2月再演と好評を博した「言葉と音楽」。     今回は札幌在住のピアニスト南直博、石井ルカを迎え、全作品の作曲をてがける石垣絢子の故郷、札幌で登場します。石垣絢子は西港出身、東京芸大の作曲家を卒業、在学中にOKUI MIGAKU ギャラリーでピアノ歌の楽しいコンサートを披露してくれました。

第101回石垣        第101回      第101渡邊      

石垣絢子 作曲・ピアノ  崎本実弥 朗読     渡邊智美 独唱

第101南 第101石井

南直樹 ピアノ連弾   石井ルカ ピアノ連弾 

入場料 一般2000円 学生1500円 中学生以下無料                        申し込みOKUI MIGAKU ギャラリー                              電話011-521-3540 ✉toyookui@jcom.home.ne.jp

s-101コンサート001s-101コンサート002

札幌出身のベーシスト瀬尾高志がベルリンのピアニストと共演 Achim Kaufmann×瀬尾高志Duo

奥井理 Gallery

Achim Kaufmann×瀬尾高志Duo 

日時:5月22日(日) 15時開演
入場料: 一般 予約 2500円 当日 3000円  学生 2000円 中学生以下無料  

ヨーロッパのジャズ・即興シーンの最重要人物!アキム・カウフマン 初来日 ベルリン在住のピアニスト・インプロヴァイザー・コンポーザーのアキム・カウフマン(Achim Kaufmann)が初来日、ベースの瀬尾高志と札幌・関東で公演をおこなう。

カウフマンは2015年度のアルバート・マンゲルスドルフ賞受賞者。同賞は、際立つ個性と才能でヨーロッパ・ジャズの発展に多大なる貢献をしたアーティストにのみ、2年に一度授与される。欧州ジャズの現在形、その成熟のありようを目の当たりにするまたとない機会となるだろう。ヨーロッパにも活動の場を拡げている瀬尾とのデュオは目が離せない。(text by伏谷佳代)

*一音目から大興奮して聴いた。遠い海の向こうで弾く大天才を思い描いた。昨年、トリスタンホンジンガーとのヨーロッパツアーで出会い、お互いの演奏を聴き合った。アキムの演奏は更に深みを増していた。そしてまさか、日本で共演する事になるとは!

夢にまで見た共演だ! (text by 瀬尾高志)

予約申し込み  OKUI MIGAKU ギャラリー 011-521-3540 toyookui@jcom.home.ne.jp

 

s-1瀬尾s-2瀬尾s-seo1のコピー                 アキム・カウフマン              瀬尾高志

s-okuigallery seos-okuigalleryura  

奥井 理の絵と詩が北海道教育大の入学式に学長の式辞で紹介されました。

 

https://youtu.be/dS4NbTus-Zk

北海道教育大の入学式が4月2日札幌で行われました。娘の大学の入学式にも出ていないのに、今日は胸をわくわくさせて参加したのです。教育大から突然電話をいただきました。理の絵と詩を入学式で紹介してもいいですかという電話でした。本当にびっくりぽんでした。どういう形で紹介していただけるか楽しみでした。それは学長の式辞の中で紹介されたのです。勉強すること、教えることの意味を本や研究を引用し、新入生に話しかけられました。勉強することの意味を理の「19歳の叫び」の地球人生は素晴らしいという詩を紹介されたのです。学長の式辞は学生に寄り添った心に響く素晴らしい式辞でした。蛇穴学長は以前から理の絵や詩を学生に紹介してくださっているということでした。感激しました。入学式では阿部博光先生が教育大のオーケストラを指揮され、楽しいひと時を過ごさせていただきました。

s-DSC_6732 s-DSC_6749s-DSC_6771s-DSC_6790

地球人生は本当にすばらしい

地球という惑星に生まれた星人、それが人間。

受精から考えて18年前

僕は、夜空に広がる宇宙も

この地球も

人間のことすらも知りはしなかった。

何一つ知りはしなかった。

それが、何かの間違いで僕は地球星人として生まれた。

人間には歴史があった。

人間には社会があった。

宇宙から見ると極めて

奇妙な建物を

人間自ら作り出してきた。

地球人生は

本当に素晴らしい。

しかし、その素晴らしさも

勉強することで初めて気付く。

勉強のない地球人生は

サルやイヌと同じだ。

人間の素晴らしさを分かるためには

勉強するしかない。

勉強すればするほど

課題が出てくる。

限りない世界だ。

地球人生の素晴らしさを感じるためには

それを好きになるしか

他はない。

それにしても

人間って面白い存在だと思う。

宇宙的に見ても

本当に面白いと思う。

生まれてきて

本当に良かった。