カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

第104回OKUI MIGAKU ギャラリーコンサート ~神吉光ピアノコンサート~

夏は外国で学ぶ学生さんが札幌に里帰り、学んだ成果を皆さんに聞いてもらう季節です。
前回もドイツハンブルグで学ぶ有田さんと一足先に帰国した宮本さんのコンサートでした。
札幌は音楽家を目指し、外国で研鑽を積む若者の多い町です。OKUI MIGAKUギャラリーはそんな若い音楽家が気軽に皆さんに学んだ成果を披露できる場として」応援していきたいと思います。
第104回は藤女子高校を卒業後、かのーファー音楽大学に入学し、現在博士課程で研鑽を積む神吉(かんき)ひかるさんのコンサートです。ハノーファー音楽大学は以前に何回かOKUI MIGAKU ギャラリーコンサートに何回か出演してくださっているヴァイオリニスト永井公美子さんの出身校でもあります。
第104回OKUI MIGAKU ギャラリーコンサート
~神吉光ピアノコンサート~
9月25日(日)14:00開場15:00開演
プログラム
J.S.バッハ:ギリス組曲 題1番イ長調BWV806
シューベルト:ピアノソナタ へ短調D 625
シューマン:子供の情景 作品15
スクリャーピン:ピアノソナタ第5番 作品53

神吉ひかる プロフィール
1993年生まれ。2012年札幌藤女子高等学校卒業の後、同年10月よりドイツハノーファー音楽大学に留学。国内の他、ベルリン、ハノーファー、ウィーン、サンクトペテルブルク、パリ(コルトーホール)にて演奏会に出演。十一歳でオーケストラとの共演を果たし、これまでに岡山フィルハーモニック管弦楽団、オーケストラHARUKAと共演。2011年には有志で福島大震災のためのチャリティーコンサートを企画。
スタインウェイ国際ピアノコンクール、PTNAピアノコンクール本選、全国大会、全日本学生音楽コンクール北海道大会にて多数受賞。2014年ライプツィヒにて開催されたバッハ国際コンクールにてセミファイナル出場、同年イタリアLia Tortora国際コンクール第一位。
ワルター・ブランケンハイム、ジャン・ファシナ、干野宜大、セバスチャン・クナウアー、ウラディミル・オフチニコフ、コンサタンティン・シチェルバコフ、マッティ・ラエカリオ、アンジェイ・ヤシンスキ各氏を含む、数多くの国内外のマスタークラスに参加。
これまでに豊田元子、樋口紀美子、芦田田鶴子、宮澤功行、宮澤むじかの各氏に師事し、現在ローランド・クリューガーに師事。

入場料 一般2000円 学生1500円 中学生以下無料
s-第104回 s-第104回裏

夏のギャラリー これからのコンサート

7月18日  15時開演                                      第102回OKUI MIGAKUギャラリーコンサート                         阿部礼奈フルートコンサート~スイスの風にのってⅣ~ 出演 阿部礼奈 阿部博光 阿部佳子

7月21日 19時開演                                   Our Love Is Here To Stay-Jazz Live-                           出演 玉村優香 vo  泉川貴宏 pf (ニューヨークを拠点に活躍する)            長沼発 gt 柳信也 ba                                 予約3000円 当日3500円

7月23日  15時開演 Trio  HS トリオハーエス  クラシックコンサート          出演 大久保陽子クラリネット 達義一真 ヴィオラ  有田麻祐子 ピアノ         一般2000円 学生1000円       

7月24日大島フルートソロコンサート

 

7月30日 15時開演                                     永田砂知子  波紋音 (はもん) コンサート                       出演 永田砂知子                                                      昨年OKUI MIGAKU ギャラリーコンサートで好評だった創作楽器による演奏です。幻想的な不思議な世界に引き込まれます。                                           一般2500円 学生1500円 s-IMG2

                              

 

 

                                           

71年前の7月14.15日、北海道で空襲があったのをご存知ですか? あの子たちがいた7月~1945年北海道で空襲~朗読会

知っていますか?敗戦の一か月前の7月14.15日に北海道で空襲があったのを。寒い夏でした。子どもたちはいつもと同じ朝を迎えるはずでした…

あの子たちがいた7月~1945年北海道で空襲~朗読会

7月9日 (土)14:00~16:00  7月10日(日)14:00~16:00       奥井 理 ギャラリー                                  朗読      朗読グル-プ「ミモザの会」 / 森の声・簪組/ほか            演奏      更科 理恵(ハ-プ・ピアノ)  工藤ひろ子(オカリナ)          講演      菊地 慶一(9日のみ)                     プログラム

9日(土)  14:00~16:00      10日(日)  14:00~16:00   朗読『いのちのものがたり』(冒頭詩)       朗読『いのちのものがたり』(冒頭詩)                 宮野入恵美子                  宮野入恵美子

『ぼうだらを持った少年』            『イタンキ浜で』                    水谷恵美子                   森田 真弓             『先生にあいたい』               『十本の松葉づえ』                    工藤ひろ子                   田中 瑞枝               『長い長い橋』                 『ズリ山から見えた海』                    山内 紀子                   西村 訓子                 あの頃の歌♪    更科 理恵ほか       奥井 理さんの詩から                                          工藤ひろ子              北海道空襲の話                 宮沢賢治『銀河鉄道の夜』                      菊地 慶一                 朗読グル-プ「ミモザの会」

入場料当日 各1000円(2日間の場合1500円) ※小中学生・70以上・障害のある方と介護者無料                                       予約・お問い合わせ OKUI MIGAKUギャラリーギャラリ-☎(011)521-3540   ✉toyookui@jcom.home.ne.jp                      s-IMGs-ura

 

第101回OKUI MIGAKU ギャラリーコンサートのお知らせ

第101回OKUI MIGAKU ギャラリーコンサート                                       言葉と音楽 2016年6月4日(土)   14:30開場 15:00開演     2015年12月東京で発足、2016年2月再演と好評を博した「言葉と音楽」。     今回は札幌在住のピアニスト南直博、石井ルカを迎え、全作品の作曲をてがける石垣絢子の故郷、札幌で登場します。石垣絢子は西港出身、東京芸大の作曲家を卒業、在学中にOKUI MIGAKU ギャラリーでピアノ歌の楽しいコンサートを披露してくれました。

第101回石垣        第101回      第101渡邊      

石垣絢子 作曲・ピアノ  崎本実弥 朗読     渡邊智美 独唱

第101南 第101石井

南直樹 ピアノ連弾   石井ルカ ピアノ連弾 

入場料 一般2000円 学生1500円 中学生以下無料                        申し込みOKUI MIGAKU ギャラリー                              電話011-521-3540 ✉toyookui@jcom.home.ne.jp

s-101コンサート001s-101コンサート002

札幌出身のベーシスト瀬尾高志がベルリンのピアニストと共演 Achim Kaufmann×瀬尾高志Duo

奥井理 Gallery

Achim Kaufmann×瀬尾高志Duo 

日時:5月22日(日) 15時開演
入場料: 一般 予約 2500円 当日 3000円  学生 2000円 中学生以下無料  

ヨーロッパのジャズ・即興シーンの最重要人物!アキム・カウフマン 初来日 ベルリン在住のピアニスト・インプロヴァイザー・コンポーザーのアキム・カウフマン(Achim Kaufmann)が初来日、ベースの瀬尾高志と札幌・関東で公演をおこなう。

カウフマンは2015年度のアルバート・マンゲルスドルフ賞受賞者。同賞は、際立つ個性と才能でヨーロッパ・ジャズの発展に多大なる貢献をしたアーティストにのみ、2年に一度授与される。欧州ジャズの現在形、その成熟のありようを目の当たりにするまたとない機会となるだろう。ヨーロッパにも活動の場を拡げている瀬尾とのデュオは目が離せない。(text by伏谷佳代)

*一音目から大興奮して聴いた。遠い海の向こうで弾く大天才を思い描いた。昨年、トリスタンホンジンガーとのヨーロッパツアーで出会い、お互いの演奏を聴き合った。アキムの演奏は更に深みを増していた。そしてまさか、日本で共演する事になるとは!

夢にまで見た共演だ! (text by 瀬尾高志)

予約申し込み  OKUI MIGAKU ギャラリー 011-521-3540 toyookui@jcom.home.ne.jp

 

s-1瀬尾s-2瀬尾s-seo1のコピー                 アキム・カウフマン              瀬尾高志

s-okuigallery seos-okuigalleryura  

奥井 理の絵と詩が北海道教育大の入学式に学長の式辞で紹介されました。

 

https://youtu.be/dS4NbTus-Zk

北海道教育大の入学式が4月2日札幌で行われました。娘の大学の入学式にも出ていないのに、今日は胸をわくわくさせて参加したのです。教育大から突然電話をいただきました。理の絵と詩を入学式で紹介してもいいですかという電話でした。本当にびっくりぽんでした。どういう形で紹介していただけるか楽しみでした。それは学長の式辞の中で紹介されたのです。勉強すること、教えることの意味を本や研究を引用し、新入生に話しかけられました。勉強することの意味を理の「19歳の叫び」の地球人生は素晴らしいという詩を紹介されたのです。学長の式辞は学生に寄り添った心に響く素晴らしい式辞でした。蛇穴学長は以前から理の絵や詩を学生に紹介してくださっているということでした。感激しました。入学式では阿部博光先生が教育大のオーケストラを指揮され、楽しいひと時を過ごさせていただきました。

s-DSC_6732 s-DSC_6749s-DSC_6771s-DSC_6790

地球人生は本当にすばらしい

地球という惑星に生まれた星人、それが人間。

受精から考えて18年前

僕は、夜空に広がる宇宙も

この地球も

人間のことすらも知りはしなかった。

何一つ知りはしなかった。

それが、何かの間違いで僕は地球星人として生まれた。

人間には歴史があった。

人間には社会があった。

宇宙から見ると極めて

奇妙な建物を

人間自ら作り出してきた。

地球人生は

本当に素晴らしい。

しかし、その素晴らしさも

勉強することで初めて気付く。

勉強のない地球人生は

サルやイヌと同じだ。

人間の素晴らしさを分かるためには

勉強するしかない。

勉強すればするほど

課題が出てくる。

限りない世界だ。

地球人生の素晴らしさを感じるためには

それを好きになるしか

他はない。

それにしても

人間って面白い存在だと思う。

宇宙的に見ても

本当に面白いと思う。

生まれてきて

本当に良かった。

 

OKUI MIGAKUギャラリーコンサート100回記念コンサート

2003年、OKUI MIGAKUギャラリーが開館、フルーティストの阿部博光教育大教授との出会いがあり、阿部先生、スイスバーゼル音楽院教授のフェレェクス・レングス氏と阿部先生の教え子たちによる贅沢なオープニングコンサートがギャラリーコンサートの始まりでした。そして阿部先生ご夫妻をコーディネーターに未来の音楽家、若い音楽家を応援し、地域の文化に貢献するOKUI MIGAKUギャラリーコンサートとして100回を迎えることになりました。100回記念コンサートは音楽大学で学ぶ未来の音楽家と阿部先生ご夫妻の「春への憧れ」シリーズの連続コンサートとしてお贈りします。

第99回 輝け!未来の音楽家たち   グスティ カルテット+フルート

5月14日(土)14:30開場15:00 開演 

グスティ カルテット                                  ヴァイオリン・ヴィオラ: 小野坂 昂亮 北嶋 ゆり佳 阿部 幸奈 チェロ: 和田 達也       フルート:金子 愛英

Program                                       モーツァルト :ディヴェルティメント ヘ長調                       モーツァルト : フルート四重奏曲ニ長調                            J.S.バッハ : 管弦楽組曲よりポロネーズとバディネリ                     クライスラー :弦楽四重奏曲  

入場料 一般 2000円  学生1500円  中学生以下無料

s-100回記念 s-100回裏

                                            第100回 春への憧れ vol.11       『Thanks-Danke-ありがとう』 

5月15日(日)14:30開場15:00 開演 

フルート:阿部 博光  ピアノ:阿部 佳子 ヴァイオリン:阿部 幸奈 

pprogram                                                            メンデルスゾーン: 無言歌集より                                         グーセンス: 4つのスケッチ                                              ライネッケ: バラード                                                ヴィドール: 組曲 他 

第100回コンサート終了後ささやかなパーティーを行います。

入場料一般3500円  学生2500円 中学生以下無料 

       

 

 

4月のコンサート

札幌にも春が訪れました。今週はまだ寒い日が続いていますが、春の日差しがまぶしく、心も温かくなります。春にふさわしいさわやかなコンサートのお知らせです。

4月のギャラリーでのコンサートをお知らせします。

藻岩の杜コンサート Vol.2                                                                                                                             ピアノ三重奏で聴くチャイコフスキー

4月10日(日)午前の部11:00開場 11:30開演  (13:10 終演予定)  

                          午後の部15:00開場 15:30開演  (17:00終演予定)                                                       

Violin   三原豊彦            Violocello       荒木均        Piano     中村由莉子

Program                                                                                                                                                       「白鳥の湖」より”グランアダージョ”                                                                                                     「くるみ割り人形」より”花のワルツ”                                                                                                         ノクターン op19,No4                                                                                                                                    「感傷的なワルツ」 op.51-No.6                                                                                                                「懐かしい土地の思い出]op.42より”スケルツォ”, “メロディ”                                                                  ピアノ三重奏イ短調 op.50

チケット料金  2500円  予約申し込み5 32-8333(宮越屋珈琲パリアッチ)

s-荒木2016

DUORECITAL                                                                                                                                                           高瀬真由子×横路裕子

4月23日(土)開場13:30  開演14:00

ヴァイオリン 高瀬 真由子     ピアノ 横路 裕子

Program                                                                                                                                                       ベートーヴェン:  ピアノとヴァイオリンのためのソナタ 第1番ニ長調作品12-1                                     J.S.バッハ : 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティティータ第2番ニ短調BWV1004より                「ジャコンヌ」                                                                                                                                               ブラームス : 主題と返送二短調作品18b

チケット料金  一般 2000円      学生 1500円                                                                                                申し込み03-4477-5654(T&N企画)     info@tandn-plan.jp

s-横路2016s-横道裏

 

 

 

 

 

 

3月のコンサートのお知らせ

 

OKUI MIGAKU ギャラリーで開かれる春のコンサートをお知らせします。

Hokkaido Ensemble Factory Vol.1                           3月 22日(火) 18:30開場 19:00開演

ヴァイオリン 村上 祥子(リューベック音楽大学在学中)

       斉藤 祐太(桐朋学園大学院大学終了)

ヴィオラ   栗山 奈津(桐朋学園大学卒業)

チェロ    小野木 遼(東京芸術大学院修了、札響)

プログラム

ハイドン:ディベルティメント ヘ長調

J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第2番よりアダージョ、フーガ

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲ヘ長調作品18-1  他

入場料 2000円 申し込み  hef.office@gmail.com(栗山)

s-IMG

ピアノ三重奏で聴くチャイコフスキー

4月10日(日)  午前の部 11:00開場11:30開演(13:10終演予定)

          午後の部 15:00開場15:30開演 (17:10終焉予定)

チャイコフスキー                                      「白鳥の湖」より”グランアダージョ”                          

「くるみ割り人形」より”花のワルツ”

「感傷的なワルツ」op・51-No.6      他

入場料 2500円 申し込み 011-532-8333(パリアッチ)

s-荒木2016

 

                                                                                 

 

 

明けましておめでとうございます。今年はギャラリーコンサート、100回を迎えます。

今年は2003年から始まった若い音楽家を応援するOKUI MIGAKUギャラリーコンサートが100回を迎えます。第99回は5月14日にコーディネーターの阿部ご夫妻とお嬢さんの幸奈さんたちのカルテットとのコンサートを予定しています。                             第99回OKUI MIGAKU ギャラリーコンサート                          ~桐朋学園大学の若き弦楽四重奏団を迎えて~                         5月14日 (土)17時開演予定                              ヴァイオリン 阿部幸奈   北嶋ゆり佳 ヴィオラ     小野坂昂亮 チェロ    和田達也   フルート   阿部博光  ピアノ   阿部佳子プログラム プログラム  ヴィドール:組曲 op.34 ベートーベン:弦楽四重奏曲第6番  他

100回記念コンサートは阿部先生に今までに演奏していただき、活躍している方々を招いてのコンサートを企画していただいています。日程の調整がむつかしいので、100回の前に101回のコンサートを5月14日の後に開くことになる可能性が大きいのですが、皆様も楽しみにしていてください。

さて、1月1日にはいつも理のお墓に彼が大好きだった母の手作りのおせちをもっていきます。今年は少し品数が少なかったのですが、持っていきました。理の甥っ子の写真も一緒に。2016理2 2016理3 souta