カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

4月のコンサート

札幌にも春が訪れました。今週はまだ寒い日が続いていますが、春の日差しがまぶしく、心も温かくなります。春にふさわしいさわやかなコンサートのお知らせです。

4月のギャラリーでのコンサートをお知らせします。

藻岩の杜コンサート Vol.2                                                                                                                             ピアノ三重奏で聴くチャイコフスキー

4月10日(日)午前の部11:00開場 11:30開演  (13:10 終演予定)  

                          午後の部15:00開場 15:30開演  (17:00終演予定)                                                       

Violin   三原豊彦            Violocello       荒木均        Piano     中村由莉子

Program                                                                                                                                                       「白鳥の湖」より”グランアダージョ”                                                                                                     「くるみ割り人形」より”花のワルツ”                                                                                                         ノクターン op19,No4                                                                                                                                    「感傷的なワルツ」 op.51-No.6                                                                                                                「懐かしい土地の思い出]op.42より”スケルツォ”, “メロディ”                                                                  ピアノ三重奏イ短調 op.50

チケット料金  2500円  予約申し込み5 32-8333(宮越屋珈琲パリアッチ)

s-荒木2016

DUORECITAL                                                                                                                                                           高瀬真由子×横路裕子

4月23日(土)開場13:30  開演14:00

ヴァイオリン 高瀬 真由子     ピアノ 横路 裕子

Program                                                                                                                                                       ベートーヴェン:  ピアノとヴァイオリンのためのソナタ 第1番ニ長調作品12-1                                     J.S.バッハ : 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティティータ第2番ニ短調BWV1004より                「ジャコンヌ」                                                                                                                                               ブラームス : 主題と返送二短調作品18b

チケット料金  一般 2000円      学生 1500円                                                                                                申し込み03-4477-5654(T&N企画)     info@tandn-plan.jp

s-横路2016s-横道裏

 

 

 

 

 

 

3月のコンサートのお知らせ

 

OKUI MIGAKU ギャラリーで開かれる春のコンサートをお知らせします。

Hokkaido Ensemble Factory Vol.1                           3月 22日(火) 18:30開場 19:00開演

ヴァイオリン 村上 祥子(リューベック音楽大学在学中)

       斉藤 祐太(桐朋学園大学院大学終了)

ヴィオラ   栗山 奈津(桐朋学園大学卒業)

チェロ    小野木 遼(東京芸術大学院修了、札響)

プログラム

ハイドン:ディベルティメント ヘ長調

J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第2番よりアダージョ、フーガ

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲ヘ長調作品18-1  他

入場料 2000円 申し込み  hef.office@gmail.com(栗山)

s-IMG

ピアノ三重奏で聴くチャイコフスキー

4月10日(日)  午前の部 11:00開場11:30開演(13:10終演予定)

          午後の部 15:00開場15:30開演 (17:10終焉予定)

チャイコフスキー                                      「白鳥の湖」より”グランアダージョ”                          

「くるみ割り人形」より”花のワルツ”

「感傷的なワルツ」op・51-No.6      他

入場料 2500円 申し込み 011-532-8333(パリアッチ)

s-荒木2016

 

                                                                                 

 

 

明けましておめでとうございます。今年はギャラリーコンサート、100回を迎えます。

今年は2003年から始まった若い音楽家を応援するOKUI MIGAKUギャラリーコンサートが100回を迎えます。第99回は5月14日にコーディネーターの阿部ご夫妻とお嬢さんの幸奈さんたちのカルテットとのコンサートを予定しています。                             第99回OKUI MIGAKU ギャラリーコンサート                          ~桐朋学園大学の若き弦楽四重奏団を迎えて~                         5月14日 (土)17時開演予定                              ヴァイオリン 阿部幸奈   北嶋ゆり佳 ヴィオラ     小野坂昂亮 チェロ    和田達也   フルート   阿部博光  ピアノ   阿部佳子プログラム プログラム  ヴィドール:組曲 op.34 ベートーベン:弦楽四重奏曲第6番  他

100回記念コンサートは阿部先生に今までに演奏していただき、活躍している方々を招いてのコンサートを企画していただいています。日程の調整がむつかしいので、100回の前に101回のコンサートを5月14日の後に開くことになる可能性が大きいのですが、皆様も楽しみにしていてください。

さて、1月1日にはいつも理のお墓に彼が大好きだった母の手作りのおせちをもっていきます。今年は少し品数が少なかったのですが、持っていきました。理の甥っ子の写真も一緒に。2016理2 2016理3 souta

アートホール東洲館で奥井理展

9月16日から深川市のアートホール東洲館において(奥井理展」が開かれています。渡辺貞之館長は北海道教育大学岩見沢校の美術系の学生に特別講義をされていた時、学生を連れてギャラリーを訪れていただいていました。理の絵を若い人に見せたいと、2008年にアートホールで展覧会を開いていただきました。そしてこの絵は何年かに一度はみんなに見てもらいたいという渡辺館長の想いから、今回の展覧会となりました。感謝です。写真をクリックすると拡大します。

s-奥井理展2015深川

広い空間に並ぶと理の絵に対する想いが明確に伝わってくるような気がします。

s-IMG_2118 s-IMG_2119s-IMG_2120s-IMG_2121s-IMG_2122s-IMG_2126s-IMG_2127s-IMG_2130-1真剣に自分と向き合い、生きる道を追求し続けた理の姿が見えてくるようです。そして今強行採決されようとしている安全保障法案に怒りの声を上げているような気がしました。理が15歳の中学3年の時に書いた作文を読みながら、たとえ採決されようと、若い人たちが理のように平和を愛し、行動し始めたことが希望だと、そして決してあきらめないと理に伝えたいと思う。 s-理ー1s-理ー2

 

第96回OKUI MIGAKUギャラリーコンサートのお知らせ

 第96回OKUI MIGAKUギャラリーコンサートのお知らせ                                ギャラリーの裏の森の木々の色がわずかに変わり始めました。ギャラリーコンサートも96回を迎えます。今回は若い二人のピアニストの連弾をお楽しみください。4歳の時からともに学び、ともに競い合い、研鑚を積んだ札幌出身の二人、紅林さやかさんと佐藤香奈さんが心を一つにして一台のピアノに向かいます。札幌で活動する若い二人を応援したいと思います。

  第96回OKUI MIGAKUギャラリーコンサート                                        『連弾コンサート』~ピアノで綴る二人の軌跡~                                       10月11日(日)14時半開場 15 時開演                                             ピアノ 紅林さやか 佐藤香奈                                                 プログラム                                                             W.A.モーツァルト: 4手のための連弾ソナタ                                                                                                     W.A.モーツァルト: 4手のための連弾ソナタK521より 第1楽章                         プーランク: 連弾ソナタ                                                    サン=サーンス: 6つの練習曲 Op.111より第6番「トッカータ」                            ドビュッシー: 小組曲 •カプースチン: 変奏曲 Op.41 •ローゼンブラット 2つのロシアの主題による       コンチェルティーノ            他…          

入場料 一般 1500円  学生 1000円 中学生以下無料

s-96回チラシ表 s-96回チラシ裏

ギャラリーのお休みと深川アートホールでの奥井理の作品展のお知らせ

深川市アートホール東洲館で5年前に奥井理の作品展を開いていただきました。今年もまた「自分と向き合う奥井理展」を開いていただけることになりました。会期は9月16日から30日までです。その様子をHPでお知らせしたいと思います。 お近くの方は足を運んでいただければ幸いです。                                                     そのため9月9日からギャラリーはお休みさせていただきます。15日からは空いたギャラリーに理の母は描いた美授受奈絵ですが、少しだけ展示します。

この間もコンサートが19,25,26日 、発表会が23、27日あります。

よろしくお願いします。

第95回OKUI MIGAKU ギャラリーコンサートのお知らせ

北国の夏が終わろうとしています。トンボが飛び交い、虫の声が聞こえ、秋の気配を感じます。        久しぶりのギャラリーコンサートです。今回は4年前にドイツ人の歌手シェッファーさんとギャラリーで演奏してくれたドイツ在住伊藤野笛さんの4年ぶり出演です。今回は芸大の同級生のソプラノ歌手渡辺史さんとの共演です。渡辺さんはなど活躍されています。

第95回OKUI MIGAKUギャラリーコンサート                                         ~世界の秋を歌う~                                                       渡邊 史 :ソプラノ 伊藤伸江 :ピアノ                                                                   プログラム                                                            チャイコフスキー : 『秋』op.54-14         『私は野の草ではなかったか』op.47-7        ラフマニノフ : 『歌うな美しい人よ』op.4-4    『夢』Op.38-5モーツァルト :     『夕べの想い』K.523 シューベルト :  『夕映えに』D.799『こびと』D.771                                                                    スクリャービン:  ピアノ・ソナタ第二番op19嬰ト短調 『幻想ソナタ』                         小林秀雄:   『落葉松』                                                   團伊玖磨:   『秋の野』高田三郎:   『くちなし』                                    山田耕筰:    『からたちの花』

s-95回s-95回ちらし

 

   

  

           

  

 

        

           

  

 

   

  

 

   

                   

第95回OKUI MIGKUギャラリーコンサート

第95回OKUI MIGAKUギャラリーコンサート                                                        ~世界の秋を歌う~                                                        渡邊 史/ソプラノ     伊藤野笛/ピアノ                                                          9月26日(土)15時開演

詳しくはイベントをご覧ください。

7月17日は理の命日でした。

理と別れてから20年がたちました。

そして高史明さんと岡百合子さんの長男岡真史君が12歳で自らに命を絶って40年が経った日でもあります。理が高校に入学して初めて学校の図書館から借りてきた本が真史君の両親が編集した彼の詩集「僕は12歳」でした。珍しく母親に「お母さんこの本知ってる?」と話しかけてきて、しばらく話したのを思い出します。よほど心を動かされたのだと思います。

その真史君と20年後の同じ日に理が真史君のところに行くなんて本当に不思議な思いでいました。理もたくさんのメッセージを残して。今、憲法が保障する自由、民主主義、平等 平和が危ない情勢になっています。私は彼らの想いを絶対忘れないでいたいと思います。

彼が中学の卒業文集に書いた作文です。

僕、今生きています。

 今、僕は生きています。だけど生きてる心地というか、生きてる感

じというのがあまりわかりません。誰にも未来は、わからない。こ

の世は偶然の世界だと感じています。何かの拍子に地球ができて、

人間が生まれ、そして僕がいる。

そして、過去には、決して戻れない。が、その過去も、みんなにで

たらめを教えれば、それが真実となり、真実がでたらめになる。人

間の世界なんて、そんなもんだ。起きたことも、誰かが、そこで嘘

を言えば、それが事実になる。自分たちが不利になるようなことは、

言いたがらない。そんなことでいいんだろうか。

去年、NHKでもモザンビークという国の内戦のことを取り上げた

番組をやっていた。モザンビークでは、政府軍とゲリラとが戦って

いて、ゲリラがたくさんの村を襲い、村の人たちを虐殺し、子供た

ちを奪い取り、ゲリラの武器にしているのだ。子供たちは、ゲリラ

に洗脳されて、人間の理性を無くし、武器として戦っている。ゲリ

ラの子供たちは政府で保護されている。専用の施設に入って人間と

して生きていけるようになったら家庭に戻ったり、家庭の無い子は

もらわれていく。だけど子供たちの心の傷は一生残ります。

僕はショックでした。僕たちの生きてる地球で、そんな事が起きて

いるとは思いもしなかった。平和というものが、どれだけ大切か、

わかったような気がした。

今、本当に平和ということが問われている。湾岸戦争で、日本人が

何をするべきか、唯-の被爆国である日本が先頭に立って、戦争を

反対しなければならないのに、アメリカにべコペコして、自衛隊を

派遣しようとしたり、たくさんのお金を、戦争のためにつぎ込んだ

りしている。戦争だからしょうがないんだで済まされるのでしょう

か。罪の無い人が殺しあい、それが許されるのか。日本は今、憲法

を変えてまで戦争をしたがっている。一度ゆるめれば、もう歯止め

はきかなくなる。

みんな平和のために立ち上がれ。

                   1991年 理15歳

そんな理のことを忘れず明日は同級生が記念のイベントを開いてくれます。

塩貝道新

理も喜んでいることでしょう。皆さんに感謝です。理高2