戦 争 と 子 ど も た ち ~戦争児童文学の朗読と北海道空襲のお話~

先の戦争で子どもたちに何が起きたのか
北海道空襲やナチス政権下を生きた作家たちが時代の証言者として語り伝える物語
昨年は北海道空襲べなくなった子供たちの物語「あの子たちがいた7月」の著者菊地慶一氏の講演とその本の朗読を開催し、心に残る会となりました。
今年もまた戦争による罪もない命が奪われる事実、そして戦争が子供たちに残した大きな心の傷・・・そんな戦争の真実の姿を今こそ戦争を知らない世代、そして子どもたちへ語り次ぎたいと
企画しました。
7月9日 (日)
14:00~16:00
奥井 理 ギャラリー
(札幌市中央区旭ケ丘5丁目6-61)
出演   朗読グル-プ「ミモザの会」
森の声・簪組/ほか
更科 理恵(ハ-プ)
工藤ひろ子(オカリナ)
講演 菊地 慶一

作品朗読
・菊地慶一著「あの子たちがいた七月」より
『ハマナスのかげで』       山内 紀子
・G・パウゼヴァング著・高田ゆみ子訳「そこに僕らは居合わせた」より
『お手本』     田中 瑞枝、宮野入恵美子
『輝かしき栄誉』 工藤ひろ子、森田 真弓
詩と音楽
・原民喜、峠三吉、奥井理、他の詩   (朗読)    水谷恵美子
                   (ハープ)   更科 理恵  
                   (オカリナ)  工藤ひろ子
講演
『戦時の少国民と空襲』                 菊地 慶一

入場料    1000円 ※小中学生・障がいのある方とその介助者無料
予約・お問い合わせ    同ギャラリ- ☎(011)521-3540 ✉toyookui@jcom.home.ne.jp
主催 「戦争と子どもたち」を語る会   共催  OKUI MIGAKU ギャラリー    後援  札幌市・札幌市教育委員会

心癒された第106回OKUI MIGAKUギャラリーコンサート『春への憧れ vol.Ⅻ』


5月7日 今年初めてのOKUI MIGAKUギャラリーコンサートが開かれました。阿部ご夫妻と阿部家の次女の幸奈さんの3人のコンサートです。
今回は幸奈さんの無伴奏演奏があり、楽しみにしていました。幸奈さんはこのコンサートが始まった時は小学校1年生でしたが、今、桐朋学園大学の3年生です。
大きく成長した姿に感慨深いものがあります。むつかしいイザイの曲でしたが、期待通り、心に響くヴァイオリンの音色でした。

阿部ご夫妻の演奏はいつも心に響き、癒され、ゆったりした心地よい気持ちになります。3人で演奏した最後のヴィオッティの曲、3人の息の合った演奏に感動。
今年もOKUI MIGAKUギャラリーコンサートがはじまることに励まされ、皆さんと音楽の愉しみを共有できることに感謝です。

  Program
♪ E.グリーグ:2つの悲しき旋律より
第2曲「過ぎにし春」op.34-2
Fl.阿部博光 Pf.阿部佳子

♪ E. Y.イザイ:無伴奏ヴァイオリンソナタ 第3番 二短調
「バラード」op.27-3
Vl.阿部幸奈

♪ J.F.バーネット:グランド・ソナタ ト短調 op.41
第1楽章 Allegro 第2楽章Andante con moto 第3楽章Allegro vivace
Fl.阿部博光 Pf.阿部佳子

♪ F.メンデルスゾーン(1809-1847):春の歌 op.62-6
Fl.阿部博光 Pf.阿部佳子

♪ F.ドップラー:ヴァラキア地方の歌 op.10
Fl.阿部博光 Pf.阿部佳子

♪ G. B.ヴィオッティ:フルートとヴァイオリンのための
協奏曲 イ長調
第1楽章 Maestoso 第2楽章 Adagio  第3楽章 Rondeau
Fl.阿部博光 Vl.阿部幸奈 Pf.阿部佳子




この日の佳子さんと幸奈さんの衣装は着物をリメイクした素敵な春の衣装でした。

次回のOKUIMIGAKUギャラリーコンサートは7月30日(日) 阿部礼奈さん初め6人のスイスで研鑽を積んだ演奏家が一堂に会します。

第106回OKUI MIGAKUギャラリーコンサート

今年も春がやってきました。
OKUI MIGAKU ギャラリーコンサートが始まります。
今年から桐朋学園大3年になった阿部幸奈さんがギャラリー本格的にデビューです。
先日は北海道出身の音楽を学ぶ学生たちのコンサートで活躍!素敵な響きを聴かせてくれました。阿部一家3人の演奏が楽しみです。

第106回OKUI MIGAKU ギャラリーコンサート
『春への憧れ Vol.12』
2017年5月7日(日)16:00 開場 16:30 開演
若い演奏家たちを応援するチャリティーコンサート
阿部 博光 フルート 
阿部 幸奈 ヴァイオリン
阿部 佳子 ピアノ
プログラム
E.グリーグ:抒情小曲集より「過ぎにし春」op.33-2 
F.ドップラー:ヴァラキア地方の歌
J.F.バーネット:グランド・ソナタ ト短調 op.41
イザイ:無伴奏ヴァイオリンソナタ第3番二短調「バラード」
ヴィオッティ:フルートとヴァイオリンのための協奏曲イ長調

入場料一般3000円 学生1500円 中学生以下無料
申し込みは521-3540 またはtoyookui@jcom.home.ne.jpまで

ベーシスト瀬尾高志がベルリン在住の演奏者らとコンサート


4月1日(土)Hui-Chun Lin(cello)千野秀一(pf)高橋幾郎(per)瀬尾高志(cb)
会場:奥井理Gallery【札幌】
 札幌市中央区旭ヶ丘5丁目6-61
 open14:30 start15:00
予約3000円/当日3500円/学生2000円 中学生以下無料  
予約・お問合せ:011-521-3540
  toyookui@jcom.home.ne.jp (奥井理ギャラリー)
・駐車スペースあります
■交 通 
●地下鉄東西線「円山公園」駅(2番出口)下車、
JRバスロープウェイ線「円山公園駅前」(円山バスターミナル)乗車、
「慈啓会前」下車、徒歩1分
●地下鉄南北線「中島公園」駅(1番出口)下車、JRバス山鼻環状線「中島公園駅前」乗車、
「慈啓会前」下車、徒歩1分

『BERLIN-SAPPORO IMPROVISATION ART EXCHANGE 2017』開催!台湾生まれで現在ベルリンで活躍しているチェロ奏者のHui-Chun Linが初来札!クラシックから実験的なものまで彼女の音楽活動は幅広い。
同じくベルリン在の鬼才ピアニスト千野秀一。70年代から今までに「ダウンタウンブギウギバンド」「ワハハ」「チャンゴ5」「A-MUSIK」「Next Point」「Ground-0」「ソウルシャリスト・エスケープ」などに参加している。
札幌からはマヘルシャラルハシュバズ、渚にて、シェシズ、不失者、LSD March、カスミトリオ、血と雫などにドラマーとして参加している高橋幾郎、JAZZ、即興、伝統音楽とボーダーレスに活動を続けるコントラバス奏者の瀬尾高志が参加。国境を越えた一期一会の演奏を是非!

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。


今年のお正月は大阪の理の祖母乃家で久しぶりに兄弟3人が集まり新しい年を迎えました。理の祖母は91歳、足が悪く介護が必要ですが、元気に過ごしています。

  
大阪で作ったおせち   近くの神社へ初詣   理と祖父母が最後に大阪で見たのが棟方志功展
                      ちょうどハルカス美術館で棟方志功展!
理は小学校6年間中学高校時代も大阪に一人で行き、祖父母に奈良や京都に連れて行ってもらいました。 理が行って22年になる今年23回忌を迎えることになります。理のために作ったギャラリーと思っていましたが、理が私たちに様々な人々との出会い、喜び、教えられること、たくさんのことをプレゼントしてくれていることを感じています。今年もそのことを大切にしながら一歩一歩歩んでいきたいと思います。よろしくお願いいたします。

OKUI MIGAKU ギャラリーに広げられた素晴らしい大平ワールド

第105回OKUI MIGAKU ギャラリーコンサートが12月17日(土)開かれました。
クリスマスコンサート ~札幌交響楽団コンサートミストレス大平まゆみさんを迎えて~が12月17日(土)開かれました。
 s-DSC_8067プログラム
バーネット:グランドソナタ 作品41 より 第2楽章
フルート 阿部博光  ピアノ 阿部佳子
クライスラー:3つの古いウィーンの舞曲
・愛の喜び ・愛の悲しみ ・美しきロスマリン 
ヴァイオリン 大平まゆみ  ピアノ 阿部佳子
クライスラー:中国の太鼓 作品2
ヴァイオリン 大平まゆみ  ピアノ 阿部佳子
イベール:2つの間奏曲
フルート 阿部博光  ヴァイオリン 大平まゆみ  ピアノ 阿部佳子
バッハ:無伴奏パルティータ第3番よりガヴォット」
 ヴァイオリン 大平まゆみ
マスネ :タイスの瞑想曲
ヴァイオリン 大平まゆみ  ピアノ 阿部佳子
モンティ:チャルダッシュ
ヴァイオリン 大平まゆみ  ピアノ 阿部佳子
ドップラー:アメリカ小二重奏曲
フルート 阿部博光  ヴァイオリン 大平まゆみ  ピアノ 阿部佳子
第105回阿部阿部ご夫妻の息の合った美しいフルートソナタから始まったコンサート。
なんと阿部博光さんと大平さんは東京芸大の同級生!しかも阿部さんが札幌に来られるとき、送別会で阿部さんを送った大平さんはその3年後札幌交響楽団に入団されたそうです。
大平さんの気さくで楽しいトークと音楽の解説に時には会場は笑いに包まれました。
s-DSC_8064
プログラムは親しみのある曲ばかりでしたが、それらの曲が大平さんの手にかかると正に大平ワールド!会場はその世界に引き込まれました。
s-DSC_8097 s-DSC_8072 s-DSC_8092 s-DSC_8070
3人のトリオ、美しく優しいフルートの音と心に響くヴァイオリンの調べ、そして巧みなピアノの伴奏・・・感動的でした。
s-DSC_8086 s-DSC_8107
このような演奏者と聴衆が一体となれるコンサートができるのは阿部ご夫妻、ギャラリーコンサートを支えて下さる皆様方そして演奏者の方のおかげであり、深く感謝です。
理も空の向こうから親孝行ができたと喜んでいるように思えます。

参加者の方から「第105回OKUI MIGAKU ギャラリーコンサート特集 生の音の響きを満喫クリスマスコンサート&素晴らしい奥井理ギャラリーとの出会い」と題した通信が送られてきました。
s-IMG

第105回OKUI MIGAKU ギャラリーコンサート クリスマスコンサートのお知らせ

今年は早い冬の訪れです。11月6日の朝のギャラリーの庭です。雪の重みで桜の枝も折れました。
 s-IMG_3848
今年も素敵なコンサートが企画されています。阿部先生ご夫妻とゲストには札響の大平まゆみさんを招きいてのコンサートです。

第105回OKUI MIGAKU ギャラリーコンサート
クリスマスコンサート
~札幌交響楽団 コンサートミストレス 大平まゆみさんを迎えて~
12月17日(土) 15時開演 
出演
ヴァイオリン:大平まゆみ
フルート:阿部博光
ピアノ:阿部佳子

曲目
イベール:2つの間奏曲
ドップラー:アメリカ小二重奏曲。
バッハ:無伴奏パルティータ第3番よりガヴォット」
マスネ :タイスの瞑想曲
クライスラー:愛の喜び 愛の悲しみ 美しきロスマリン 中国の太鼓
モンティ:チャルダッシュ 他

コンサート終了後アフターパーティーがあります。
入場料 一般3500円 学生2500円 中学生以下500円

s-105回ちらし1 s-第105回ちらし2
パーティーの都合上予約をお願いします。
521-3540、あるいはtoyookui@jcom.home.ne.jpまでお知らせください。

第104回OKUI MIGAKU ギャラリーコンサート~神吉ひかるピアノコンサート~

第104回ギャラリーコンサート~神吉ひかるピアノコンサート~が9月25日開かれました。今年ハノーファー音楽大学を首席で卒業し、大学院に進む神吉ひかるさんがドイツで研鑽を積んだ成果を披露してくれました。

s-DSC_7995

 J.S.バッハ : イギリス組曲第1番 イ長調 BWV 806
プレリュード (Prélude)
アルマンド (Allemande)
クーラントI (Courante I)
クーラントIIと2つのドゥーブル (変奏) (Courante II avec deux Doubles)
サラバンド (Sarabande)
ブレーI (Bourrée I) ― ブレーII (Bourrée II)
ジーグ (Gigue)
 フランツ・シューベルト: ピアノソナタ ヘ短調 D 625  
第1楽章 アレグロ (Allegro)
第2楽章 スケルツォ、アレグレット – トリオ (Scherzo, Allegretto – Trio)
第3楽章 アダージョ (Adagio)
第4楽章 アレグロ (Allegro)
 ロベルト・シューマン 子どもの情景 作品15
.見知らぬ国と人々について(Von fremden Ländern und Menschen2.不思議なお話し(Curiose Geschichte)
3.鬼ごっこ (Hasche-Mann)
4.おねだり (Bittendes Kind)
5.十分に幸せ (Glückes genug)
6.重大な出来事 (Wichtige Begebenheit)
7. トロイメライ (Träumerei)
8. 暖炉のそばで (Am Camin)
9. 木馬の騎士 (Ritter vom Steckenpferd)
10.むきになって (Fast zu ernst)
11.怖がらせ (Fürchtenmachen)
12.眠りに入る子ども(Kind im Einschlummern)
13.詩人は語る (Der Dichter spricht)
 アレクサンドル・スクリャービン:ピアノソナタ第5番 作品53


    s-DSC_7980 s-DSC_7970
表情豊かで、美しい音質に心地よい思いがしました。  s-DSC_7990 s-DSC_8011 曲の紹介もわかりやすく話してくれました。コーディネーターの阿部佳子さんのインタビューがあり、大学院に進みコンクールにも挑戦したいと抱負をh語ってくれました。  s-DSC_8025 恩師の宮澤先功行生や宮澤むじか先生からとっても吸収が早く、質問も多く、自分の主張を持っていたことなどが紹介されました。これからが楽しみなひかるさんです。また一段と成長した姿をここで披露してくれると嬉しいですね。

第104回OKUI MIGAKU ギャラリーコンサート ~神吉光ピアノコンサート~

夏は外国で学ぶ学生さんが札幌に里帰り、学んだ成果を皆さんに聞いてもらう季節です。
前回もドイツハンブルグで学ぶ有田さんと一足先に帰国した宮本さんのコンサートでした。
札幌は音楽家を目指し、外国で研鑽を積む若者の多い町です。OKUI MIGAKUギャラリーはそんな若い音楽家が気軽に皆さんに学んだ成果を披露できる場として」応援していきたいと思います。
第104回は藤女子高校を卒業後、かのーファー音楽大学に入学し、現在博士課程で研鑽を積む神吉(かんき)ひかるさんのコンサートです。ハノーファー音楽大学は以前に何回かOKUI MIGAKU ギャラリーコンサートに何回か出演してくださっているヴァイオリニスト永井公美子さんの出身校でもあります。
第104回OKUI MIGAKU ギャラリーコンサート
~神吉光ピアノコンサート~
9月25日(日)14:00開場15:00開演
プログラム
J.S.バッハ:ギリス組曲 題1番イ長調BWV806
シューベルト:ピアノソナタ へ短調D 625
シューマン:子供の情景 作品15
スクリャーピン:ピアノソナタ第5番 作品53

神吉ひかる プロフィール
1993年生まれ。2012年札幌藤女子高等学校卒業の後、同年10月よりドイツハノーファー音楽大学に留学。国内の他、ベルリン、ハノーファー、ウィーン、サンクトペテルブルク、パリ(コルトーホール)にて演奏会に出演。十一歳でオーケストラとの共演を果たし、これまでに岡山フィルハーモニック管弦楽団、オーケストラHARUKAと共演。2011年には有志で福島大震災のためのチャリティーコンサートを企画。
スタインウェイ国際ピアノコンクール、PTNAピアノコンクール本選、全国大会、全日本学生音楽コンクール北海道大会にて多数受賞。2014年ライプツィヒにて開催されたバッハ国際コンクールにてセミファイナル出場、同年イタリアLia Tortora国際コンクール第一位。
ワルター・ブランケンハイム、ジャン・ファシナ、干野宜大、セバスチャン・クナウアー、ウラディミル・オフチニコフ、コンサタンティン・シチェルバコフ、マッティ・ラエカリオ、アンジェイ・ヤシンスキ各氏を含む、数多くの国内外のマスタークラスに参加。
これまでに豊田元子、樋口紀美子、芦田田鶴子、宮澤功行、宮澤むじかの各氏に師事し、現在ローランド・クリューガーに師事。

入場料 一般2000円 学生1500円 中学生以下無料
s-第104回 s-第104回裏